クラシックミニの波がPCにも。小型DOSゲーム機「PC Classic」正式発表、30種類以上のレトロゲームを収録予定

 Unit-e Technologiesは小型DOSゲームコンソール「PC Classic」発表した。11月後半から12月のあいだにクラウドファンディングで支援者を募り、2019年の春から夏に発売予定。価格は99ドル。本体色はオールドPC風の色と、少なくとももう一色が用意されるという。

 プロトタイプはすでに完成しており、公開されたトレイラーではid Software『Doom』『Quake II』Epic MegaGames(現Epic Games)の『Jill of the Jungle』などをプレイしている。収録ソフトは30本以上を予定。

 「PC Classic」は、ほかの多くのClassicコンソール同様に本体のデザインにも力が入れられており、上にブラウン管モニタを置きたくなるオールドPC風の筐体になっている。

 前面にふたつ、背面にひとつUSBポートがあり、まるでフロッピーディスクドライブのようなSDカードスロットもある。映像端子はHDMIだけでなく、コンポジット端子も持っている。ブラウン管モニタを利用すれば、さらにノスタルジックなグラフィックが楽しめそうだ。本体のほかにゲームパッドが付属し、マウスとキーボードにも対応するが、Unit-e Technologiesも周辺機器として販売する予定となっている。

 なお、マルチプレイが可能かどうかに関してはいまのところ発表されていない。

(画像はYoutube | Introducing the PC Classic!より)
(画像はYoutube | Introducing the PC Classic!より)

 前述の通り、「PC Classic」は最初から少なくとも30本のゲームが付属し、別途購入も可能となる。ただし、現在はライセンス交渉中で、収録されるゲームのリストは未公開だ。交渉が進み次第リストが公開される。

 ライセンス交渉についてはUnit-e Technologiesは自信を持っており、以前アーケードとモバイル向けに制作したリズムゲーム『Neon FM』で、セガやナムコを含む150曲をライセンスした経験を紹介している。

(画像はYoutube | Introducing the PC Classic!より)
(画像はYoutube | Introducing the PC Classic!より)

 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」から人気が沸騰し、「PlayStation Classic」「メガドライブ ミニ」といったものから「THE C64 Mini」など多様なプラットフォームのクラシックバージョンがリリースされている。「PC Classic」もそんなブームに乗った商品のひとつだ。

 「PC Classic」に関するニュースは公式サイトのメーリングリストに登録すれば常に最新のものが入るようになる。ゲームのリストやクラウドファンディングの開始を見逃したくない人は、まずはそちらに登録してみてはいかがだろうか。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

プレイステーションとセガサターンも動作可能と謳うレトロゲーム互換機「Polymega」の予約販売がスタートへ。2019年4月に正式リリースを目指す

1080pの出力に対応しサウンドに力を入れたセガハード互換機「Mega Sg」予約開始。メガドライブ、メガCD、マスターシステム、別売りアダプタでゲームギアやマークIIIにも対応予定 2018年10月17日 13:50

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ