フロム・ソフトウェアの戦国忍びアクション『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が2019年3月にリリース決定。全世界同日発売に

 『ソウル』シリーズ『Bloodborne』などで知られるフロム・ソフトウェアは、新作『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』を2019年3月22日にリリースすると発表した。対象プラットフォームはPC、PS4、Xbox One。全世界同時発売となることが明らかにされている。

 本作の時代設定は戦国時代末期の日本。舞台は「剣聖」こと葦名一心がわずか一代で国盗りをして興したという、北国に位置する国だ。この葦名家は存亡の危機にあり、窮地を脱するために同家が特別な血筋を持つ皇子を囚えることから物語は始まる。
 プレイヤーは身寄りもない皇子に唯一従っていた壮年の忍び「隻狼(せきろう)」となり、自身の主を救うために単身血みどろの戦いへと乗り込んでいく。

 主人公である隻狼は片腕を敵に切り落とされており、「忍義手」とよばれるさまざまな義手忍具を取り扱うことができると装備を装着。
 『ソウル』シリーズらしい一対一の剣戟も確認できるが、鉤縄で自由自在に高所へ移動したり、一瞬のスキを突いて敵を殺す「忍殺」など異なる要素も豊富に含まれている。さらにゲームにはクラス選択や装備品のアップグレードといったRPG要素が存在するものの、これまた『ソウル』シリーズとは異なり完全シングルプレイゲームとなることが明らかにされている。

※E3 2018にて公開された『SEKIRO』のデビュートレイラー

 昨年末のThe Game Awards 2017にてその存在が予告され、今年6月のE3 2018での正式発表を経て大きな注目を集めた同作。パブリッシャーは『Call of Duty』シリーズの販売などで知られる米国のアクティビジョンが担当しており、フロム・ソフトウェアとの初のタッグでも話題となった。
 なおフロム・ソフトウェアはDevolver Digitalと協力して『METAL WOLF CHAOS XD』ソニー・インタラクティブエンタテインメントと協力してPlayStation VR向けタイトル『Déraciné』を開発するなど、複数のパブリッシャーと協力しての開発を進めている。

 また、ここ最近のフロム・ソフトウェアの作品と比べるとめずらしい和テーマの同作だが、当初はフロム・ソフトウェアがかつて国内での販売を担当していた『天誅』シリーズからインスピレーションを得て開発が始まったという。
 制作は『Bloodborne』や『ソウル』シリーズでも手腕をふるった宮崎英高氏が指揮している。

(画像はYouTube | SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE デビュートレーラー【2018 E3】より)

 『ソウルズ』シリーズで世界的な知名度を得たフロム・ソフトウェアが、満を持して取り組む和風新作『SEKIRO』。gamescom 2018ではプレイアブルデモが出店されるとのことで、さらなる情報が公開されるか、注目したい。

文/ishigenn

関連記事:

E3 2018「Microsoft」プレスカンファレンス情報まとめ。フロムの新作『SEKIRO 隻狼』から『Devil May Cry 5』まで、「少年ジャンプ」ゲーム新作も

ダークソウルおじいちゃんは1472回死んでいた!〜テレビで話題の80歳が実践する、濃厚ゲームライフ〜

ライター
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ